大学生活

学歴ロンダリングしたい人必見!! 外部進学は専攻によって受かりやすさが全く違う!?

はてな

  • 学歴ロンダリングしたいけどどういった専攻を選べばいいのかわからない
  • 狙い目の専攻や研究室はある?

そういった悩みにお答えします。

本記事の内容

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在大学3年の理系大学生です。

学歴ロンダリングを目指して、大学院説明会や、大学の先輩へのインタビューによってどういった大学院、専攻が良いのかを調べまくりました。

その経験をもとに、これから外部の大学院に進学したいと思う人にとってその情報を惜しみなく暴露したいと思います。

 

 

今回は学歴ロンダリングは専攻によって受かりやすさが違うという話をしたいと思います。

 

よく大学院では大学名ではなくて自分がやりたいことを研究している研究室に行きなさいと言われています。

 

もし、あなたにやりたいことがあってその研究している研究室が日本に1握りしかないっていうならその研究室を目指した方がいいと思います。

 

けど僕みたいに、やりたいことがぼんやりとしかなくて、就職いいからやっぱり難関大の大学院の研究室に外部進学したいなと思っている人なら、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

学歴ロンダリングとは?

 

 

学歴ロンダリングの定義は、『大学院進学の際に自身の出身大学よりも更に上のレベルの大学院に進学すること』

 

学歴ロンダリングは自分の学部の大学よりも上の大学に行くことで一般的にネガティブな表現で使われることが多い印象です。

 

ネットでは学歴ロンダリングなんて「学歴コンプが大学名だけを手に入れるための方法だ」とか言われたりしていますが、

 

確かに、学歴コンプレックスの人が大学名を手に入れるために学歴ロンダリングを選択している節もあると思いますが、就職や出世の意味でも学歴を手に入れることは大きくアドバンテージになるため学歴ロンダリングできるならした方がいいと思います。

 

学歴ロンダリングした人をバカにする人こそ学歴に囚われている人ではないかなと思います。

 

学歴ロンダリングするならどういった専攻を選ぶべき?

 

先ほども言った通り学歴ロンダリングをしようと思ったら、専攻はしっかりと考えてえらんだ方がいいです。

 

大学受験と違って大学院では同じ大学でも選ぶ専攻、研究室で受かりやすさが大きくちがってくるからです。

 

では、どのような専攻を選んだら良いのでしょうか。

 

それは、大学院でしか設置されていない専攻を選ぶことです。

 

例えば東京大学でいうと、学部にもある工学研究科の電気系工学専攻や機械系工学専攻は東大の大学院だけで設置されている新領域創成科学研究科の専攻よりも受かりにくくなっています。

 

それは、なぜかというと内部進学者が多く強敵が多いからです。

 

東大の大学院を受験する人の中には内部生も外部生もいるわけです。

 

しかし、内部生と外部生のどっちの方が頭がいいかというと、やっぱり東大の学部生の人たちですよね。

 

また、情報の量も内部生と外部生には圧倒的に違いがあります。

 

このため、出来るだけ内部生の少ない専攻を受けた方が受かりやすいのです。

 

大学院の倍率だけでいうと新領域創成科学研究科の方が工学研究科よりも高いかもしれません。

 

しかし、院試受験者の強敵率でいうと工学研究科の方が高いため工学研究科の方が難しいです。

 

スーパーサイヤ人が3人の天下一武道会とサイバイマン100体の天下一武道会のどっちが優勝しやすいかっていうとサイバイマン100体の方ですよね。笑

 

 

主要キャンパスではないキャンパスにある研究室は狙い目

 

多くの一流大学では、キャンパスを複数持っている大学が多いです。

 

主要キャンパスは立地がいいところが多く交通アクセスが良いため、人気が高い研究室が多いです。

 

逆に交通アクセスが悪かったり、建物が古かったりすると人気がなく、受かりやすい研究室が多いです。

 

僕の友人に東京工業大学の人がいるのですが

 

東工大だと立地がいい大岡山キャンパスと田舎にあるすずかけ台キャンパスがあるのですが、やはり大岡山キャンパスの研究室の方が人気が高く難易度も高いと聞きました。

 

しかし、研究室によって就職実績が異なるのかと言われたらそれはないと言っていました。

 

就職の推薦に関しては大学の専攻で何人と決まっているだけで研究室によって大差はないそうです。

 

ですからどうしても立地を大事にしたい人でなければ受かりやすい主要キャンパスではないキャンパスにある研究室を受けた方がいいです。家賃も安いですしね笑

狙うべきは科目数が少ない大学や専攻

 

学歴ロンダリングの難しさには大学受験のように過去問が出回っていないことと他大学を受ける人が少ないためモチベーションが上がらないことがあります。

 

内部生が強いのは過去問を先輩や友人からもらえて情報が得られやすいことや学部時代の定期テストがそのままテストに出たりするからです。

 

では、外部生がこのような内部生に勝つためにはどうすればいいのか。

 

それは、科目数が少ない大学を探すことです。

 

例えば電気電子工学専攻でいうと大阪大学の大学院では、基礎科目が5題、専門科目を2題を選択して解答しなければなりません。

 

これでは、対策をするのに多くの時間を費やしてしまいますし、他の大学も受けるための汎用性がありません。

 

しかし、東工大では、数学と電磁気と電気回路しか試験科目にありません。

 

しかもこの3科目は電気系であれば必修の3科目ですので、学部時代に習っていないという人はいません。

 

ですから、対策をするのが楽になります。

 

また、他の大学を受ける時でも、同じような試験科目の大学を受験すればそれぞれの大学の対策をしなくてもこの3科目だけ勉強すれば両方の大学の対策ができることになるため、ホームページなどで調べてできるだけ少ない科目で対策しやすい大学を選びましょう。

 

 

説明会には参加するべき?

 

大学院では、多くの場合それぞれの専攻ごとで説明会が開かれます。

 

その説明会には絶対に参加するべきです。

 

説明会で就職状況や研究室の雰囲気など、自分がやりたい研究を見つけれたりと色々な情報を得ることができます。

 

そして、説明会に参加する一番の利点は過去問が入手できるかもしれません

 

僕自身、大学院進学をあまり考えていない時に友達に誘われて東工大の大学院説明会に参加し

ました。

 

参加すると、自分の大学との設備の差や研究室の自由度に惹かれて行きたいなと思って大学院進学を決意しました。

 

そして、研究室の人が弟の院試のために過去問の解答を保存していて、そのおかげで過去問を入手することができました。

 

また、自分の大学から外部の大学院に進学する人が少ないため院試の受験仲間がいなかったのですが大学院説明会をきっかけに同じ目標を持った友人を作ることができました。

 

ですので、大学院説明会には必ず参加しましょう。

 

大学院説明会について詳しくは次の記事を見てください

東工大の大学院に入るのは難しい!? 外部生は多い!? 電気系の説明会に参加してみた

続きを見る

-大学生活

Copyright© Gyatsublo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.