LIFE

内向的で影の薄い隠キャが学歴を手に入れて社会評価を上げれた話

こんにちはギャッツです

今回は内向的な人が社会評価を得るためには学歴が必要かについて話をしていこうと思います。

内容は下記の4つです。

  • 社会で評価されるのは外向的でコミュニケーション能力がある人
  • 内向的な人が社会評価を上げるためには学歴が必要。
  • 内向的な人はクリエイティブな仕事が向いている
  • 内向的な人の一番の強みは継続力と創造力です。

一つずつ解説していきます。

社会で評価されるのは外向的でコミュニケーション能力がある人

みなさんは社会で働いたことがありますか。

僕は、19歳まで社会で働いたことがなく、高校も私立の進学校に通っていたためどちらかというと控えめな性格の人が多く、仕事とは無縁の生活を送っていました。

しかし大学に進学してアルバイトを始めると、人前で話すのが苦手なことですごい叱られるし、毎日バイト辞めたいという気持ちでしたがお金のために働いていました。

  • 会社に行く
  • ミスをする
  • 怒られる
  • ストレスを抱える
  • 憂鬱になる

上の無限ループでした。

そこで、内向的な人は社会で働くことに向いてないということに気づきました。

仕事がうまくいっている人や会社で出世する人ってミスしないと思われがちなんですけど、意外とコミュ力でごまかしてることも多いです。

会社で働くと、内向的な人は仕事ができないとか思われることも多いのです。

しかし、実際は内向的な人ほど仕事を選べばすごい有能なんですよね。

内向的な人が社会評価を上げるためには学歴が必要。

実際に会社で働いて気づいたことは内向的な人にとって学歴を持つことってすごく重要だと思いました。

  • 内向的で学歴がない→仕事ができない、評価が低い
  • 内向的で高学歴→ある程度の信頼を得る、評価が高い

もともと、人に上も下もないと思いますが、アルバイトや就職をして社会に出ると必ず上下関係が存在します。

そこで、上司からすると内向的な人は可愛くないし、仕事も遅いことも多いため評価が低くなりがちです。

逆に外向的な人は上司のご機嫌取りもうまく、仕事も速いため評価が高くなります。

ここまでだと、内向的な人はいいとこ無しですよね。

しかし、内向的な人も仕事ができないというわけではないんです。

仕事のスピードは遅いかもしれませんが、慎重だったり、思いやりがあったりと外向的な人にはない才能があります。

でも、会社ではそんなところは見てくれないんですよね。

目に見える結果にしか興味がないわけです。

しかし、内向的な人が学歴を持つと社会からの評価は一気に変わります。

僕自身、バイトで内向的なため仕事が遅かったり、付き合いが悪かったりしてよく叱られていました。

しかし、ある日に大学名を聞かれて、同志社大学に通っています。と言ったら上司の態度が一変しましたね。

(同志社というと関東ではそんなに頭のいいイメージがないかもしれませんが、京都府だと頭のいい大学というイメージです。)

こんな感じで、人の評価ってすごい曖昧なことが多いんですよね。

内向的な人は評価が低く見られがちですが学歴を手に入れてしまうと社会からの見られ方がガラッと変わるのでゲスいですけど学歴は重要です。

内向的な人はクリエイティブな仕事が向いている

スキルのいらないアルバイトやパートだとやっぱり外向的な人が向いている仕事が多いんですよね。

例えば、スタバの店員や飲食店、アパレルの店員など

別に誰にでもできるような仕事だと、外向的な人の方が評価されやすいですし、ストレスなく仕事をすることができます。

もし、僕みたいな内向的な人間が飲食店の店員やアパレルショップで働けって言われたらストレスでおかしくなります。

ですから、内向的な人はクリエイティブな仕事が向いています。

内向的な人は、スキルを身につけよう

アルバイトやパートなど誰でもできるような仕事だと外向的な人の方が有利です。

しかし、自分は内向的だし学歴もないからダメだ。

と思う人もいるかもしれません。

それでも大丈夫です。

内向的な人はスキルをつけてそのスキルを武器にして仕事をしましょう。

内向的な人の一番の強みは継続力と創造力です。

クイズ番組とかを見ているとわかりますが頭のいい人ってすごい話すのが下手だったり、内向的な人が多い印象はありませんか。

内向的な人は勉強や自分の興味を持ったことをとことん追求する性質があるため、自然と頭のいい人が多いんですよね。

内向的な人はアパレルショップで3時間働くのと10時間ジクソーパズルをしているののどっちがいいかって言われたら後者を選ぶ人が圧倒的に多いです。

ですから、内向的な人は一つのものを続けれる継続力があるため、その継続力を武器にして自分のスキルをつけていくことが重要です。

資産性のある仕事をしよう。

僕は今大学3年で大学生活の3年間多くの時間をアルバイトに費やして気づいたことが下記の通りです。

  • 労働に対する絶望
  • 時間の切り売りは嫌だ

まずは、労働が本当に嫌だなと思いました。

毎日自分のミスに怯え、上司に媚を売って、好きでもない飲み会に参加しなければいけない。

そんなことをこれから何十年と続けていく自信がないんですよね。

また、労働って結局は時間の切り売りなんですよね。

自分の生きている時間、つまり命の一部を差し出して会社のために働いているわけです。

それってすごいもったいないことだと思いませんでしょうか。

本当は、趣味のテニスをしたり、家族と旅行に行ったりしたいのにそれを我慢して労働をしていることが普通になっているサラリーマンが多すぎます。

ですから、資産性のある仕事をして自由を手に入れましょう。

内向的な人はブログがオススメ

内向的な人は上でも述べたように、並外れた継続力・創造力があります。

そのため、人と違った考え方を持っていたり、社会に対しての不満を抱えていたりします。

その自分にしか持っていない考えをブログで発信しましょう。

会社で働くときは、みんなと同じようにすること、ミスが少ないことが美徳かもしれませんが、ブログ発信ではみんなと違った考え方、自分にしかない経験が武器になります。

そして、内向的な人には継続力があります。

ブログで、pvを得て稼ぐためには継続することがとても大切です。

僕自身、内向的で会社ではミスも多く叱られることが多いですが、ブログでは自分にしか持っていないような考えや経験を発信して月4000pvを得られていて今後、もっと伸びる勢いです。

こんな感じで、内向的な人は会社には向いていないかもしれませんが、個人で稼ぐのにはすごく武器になりますので、ブログ発信やプログラミングなど個人で稼ぐことをオススメします。

 

-LIFE

Copyright© 投資と節約で30歳FIREを目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.