節約

【実体験あり】一人暮らしミニマリストが生活費を下げた方法を徹底解説します。

はてな

  • 貯金がなくて困っている
  • もっと節約したい

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • ミニマリストとは?
  • ミニマリストの1ヶ月の生活費
  • 生活費を下げる方法はたったの2つ
  • ネット無料で家賃の安いマンションに引っ越した
  • 格安SIMに変える
  • まとめ:節約は固定費を下げて無理をしないことが大切です。

本記事の信頼性

このブログを書いている僕は現在、大学生で一人暮らしをしています。

一人暮らしを始めた当初は、1ヶ月9万円ほどの収入の全てを生活費に充てていました。

そこから、このままでは、お金がいくらあっても足りないと思い、超倹約生活を実現して今では生活費を月6万円まで下げ、毎月3万円の貯金に成功しています。

この経験から、どうやったらストレスフリーで節約することができるのかについて記事にしました。

 

ミニマリストとは?

ミニマリストとは、不要な持ちものを減らして自分に必要な最小限のものだけで暮らす人のことを指します。「ミニマル:minimal、最小限の」という言葉から派生したと言われています。

参考:JOBNET

 

こういったミニマリストと呼ばれる人たちが今、増えてきています。

というか、もともと必要最低限のモノしか持っていない人がミニマリストと呼ばれるようになったんだと思います。

 

僕自身、子供の頃から服はそれぞれの季節で3着くらいしか持っていませんし、家具や家電などの生活最低限のモノしか持っていません。

ですから、半ミニマリストくらいだと自分では思っています。

 

では、こんな半ミニマリストの僕の生活費について話をしていきます。

 

ミニマリストの1ヶ月の生活費

食費 ¥25000
住居費 ¥19000
水道光熱費 ¥6000
通信費 ¥3000
DAZN ¥2000
¥2000
その他 ¥5000
合計 ¥62000

上記の通り。

 

1ヶ月の生活費を6万ちょっとでまかなうことができています。

一人暮らし男性の平均支出額が14万円であることを考えるとその1/2以下にまで落とすことができました。

 

では、実際に僕がどのようにして生活費をここまで下げることができたのかについて話していきます。

 

生活費を下げる方法はたったの2つ

僕が生活費を下げるために行ったことは以下の2つです

  • ネット無料で家賃の安いマンションに引っ越した
  • 格安SIMに変えた

上記の通り。

 

基本的に家賃や通信料などの固定費を削減しました。

節約しようと思う多くの人は、もっと安いスーパーを見つけようとしたり、日々の生活水準を下げようとする人がいます。

 

でもこれって長続きしないんですよね。

我慢して節約してもストレスが溜まって逆にパチンコなどで散財してしまったりします。

 

これは、僕の好きな漫画のカイジに出てくる班長というキャラクターなのですが、このセリフは割と節約やダイエットの教訓になりました。

 

ですから、いかにストレスをためず、生活スタイルを変えずに生活費を削減するかを考えます。

そんなことできない。

と思う人がいるかもしれませんが、家賃や通信料などの固定費を見直すことで生活スタイルを変えずに圧倒的に節約することができます。

 

ネット無料で家賃の安いマンションに引っ越した

僕は、大学入学時に初めて一人暮らしを始めました。

最初に住んだ家は7畳で家賃4万円の家でした。

この家も住んでいる地域の相場と比べると安かったです。

 

しかし、当時の僕はバイトの収入と親からの仕送りの計9万円で生活していたのですが毎月の家賃振り込みでカツカツの日々を過ごしていました。

流石に9万円のうち4万円を家賃に取られるのはきついとおもい、引っ越すことを決意。

 

それから、不動産仲介の人に生活費がカツカツで家賃が安いところを紹介してほしい。

とお願いしたところ、生活費削減ならネット無料のマンションがおすすめです。

と言われました。

 

当時の僕は、家賃とネットは別物だと考えていたためネット回線代で毎月5000円ほど取られていたのでこれが無料のマンションがあるということに衝撃を受けました。

そのあと、家賃4万円くらいのネット無料のマンションを紹介してもらったのですが、自分で調べたらネット無料でもっと安いマンションが見つかるかもしれないと思い、いったん帰ることにしました。

 

帰ってからネット無料の賃貸を探すと、意外と家賃が安くてネット無料のマンションってあるんですよね。

そして一番その中で一番安い家賃1万9000円のマンションに住むことにしました。

そのマンションは部屋の形が少し変わった形をしていること以外はホントに普通のマンションと変わりません。

部屋の形は、野球のホームベースの5角形を縦に半分に切ったような形をしていますが暮らしの中では何の不自由もありません。

 

ですから、こういった少し訳ありな物件は割と良い物件でも家賃が低めに設定されていることが多いのでオススメです。

 

ネット無料のマンションの通信速度は遅い?

インターネット無料のマンションとグーグルで調べると、

通信速度が遅い

と出てきます。

 

では、実際に3年間、ネット無料のマンションに住んでみてどうなのかというと

遅いけど支障はありません。

正直、通信速度に関してはお世辞にも速いとは言えません。

前に住んでいたマンションよりかは明らかに遅いです。

でも、生活に支障が出るレベルかというとそんなことはありません。

マンションの多くの住人がネットを使う20時〜23時にネットで重い作業をしない限り全然大丈夫です。

 

僕は、よくオンラインゲームをするので、ネットの通信速度が遅いと困るので20時〜23時を避けてゲームをしていますが、普通のネットサーフィンとかであれば全く困ることはありません。

ですから、ネットを使った重い作業を夜にしなければいけない人以外は、ネット無料のマンションは超オススメです。

 

格安SIMに変える

格安SIMに変えることは、節約するために一番初めにしなければいけないことと言っても過言ではありません。

僕は、もともと大手3大キャリアを使っていて、支障はないし格安SIMはちょっと怪しいしといった理由でずっと毎月8000円以上のスマホ代を払っていました。

 

そして、固定費を削減するために格安SIMに変えた時、そんな不安は一掃されました。

格安SIMって最高やん。

 

よく格安SIMは、

  • 通信速度が遅い
  • 怪しい
  • 種類がありすぎてどれを選べばいいかわからない

こういった理由から、大手3大キャリアのスマホを使っている人が多いと思います。

 

でも大丈夫です。

現役の電気系大学生が格安SIMを徹底比較して上記のような不安を解消させる記事を下に貼っておきます。

【格安SIMを徹底比較】一番コスパが良かったDTISIMを2年間使ってみた!

続きを見る

 

僕は、格安SIMにしてから通信容量は5倍に増えたのに、毎月の通信料は8000円から3000円まで下がりました。

ですから、もしまだ大手3大キャリアのスマホを使っているという人がいるなら

いますぐアマゾンで25000円の格安SIMフリースマホを買って格安SIMに乗り換えましょう。

 

僕が使っているオススメのSIMフリースマホの最新機種はこちら

 

まとめ:節約は固定費を下げて無理をしないことが大切です。

節約にしろダイエットにしろ勉強にしろ、やっぱり自分が無理をしていると続かないです。

  • 無理をする
  • ストレスを溜める
  • 身体を壊す

これじゃあ、本末転倒ですよね。

 

ですから、節約をするときは、目の前のことではなく長期的なことを考えることが重要です。

その一つとして、毎月払う固定費

これを見直しましょう。

 

毎月の固定費を3000円下げるだけで、毎年26000円も違ってきます。

26000円あれば、1ヶ月分の家賃にもなりますし、ちょっとした旅行にだっていけちゃいます。

ですから、ストレスフリーで楽しく節約していきましょう。

 

皆さんの節約に少しでもお役に立てていたら幸いです。

今回は以上になります

ありがとうございました。

-節約

Copyright© Gyatsublo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.