LIFE 節約

組織に向いていない人は個人で月5万円稼いで物価の安い海外移住しよう

こんにちはギャッツです。

 

今回は組織に向いていない人は個人で稼いで海外移住した方がいいということについて話していきたいと思います。

 

みなさんは、団体行動が得意な方ですか?

 

僕は、大の苦手です。

 

他の人の顔色をうかがったり、空気を読んで発言することがすごい苦手です。

 

大勢の人と一緒にいるくらいなら、気の合う友達1人とずっと話していたいし、一人でゲームしたり本を読んだりすることの方が好きですね。

 

でも、意外とこういう人って多いのではないのでしょうか。

 

女優の浜辺美波さんがしゃべくりに出ていた時に、私は友達少ないし休みの日は部屋を暗くして本を読んでいると言っていて、上田さんとか他のメンバーから心配されていましたが、浜辺さんにとって本当にしたいことが自分の部屋で本を読むことなんだと思います。

 

僕は、浜辺さんのこの話を聞いてすごい好感を持てました。

 

しかし、浜辺さんは女優さんでこのキャラが一つの武器になるので売れていますが、一般人にとってそうはいきませんよね。

 

ですから、一般人の団体行動が苦手な人にとっては、個人で稼ぐことができるようになると精神的にもすごく楽になることができるんですよね。

 

組織で働くことが向いていない人の特徴。

 

休日は家で過ごすことが多い人

 

休日はいつも家で過ごしているという人の多くは内向的な性格を持っている人が多く、刺激的な日々を嫌うため組織で動くというよりは一人で行動することが好きな人ですので組織で働くことは向いていません。

不合理に耐えられない人

 

会社で働く上で、やっぱり理不尽な人や自分とは全く異なる性格を持っている人は必ずいます。

 

そういう人が自分の上司だと自分が間違っていると思っていてもその人の指示に従わなければいけないことが多々ありますので、不合理なことに耐えられないという人は組織で働くことには向いていません。

 

某物流会社のアルバイトを3年間続けて気づいた絶望。

 

僕は、大学に入ってから3年間、今現在も某物流会社でアルバイトをしています。

 

そこで僕はもし、このままここに就職したとしたら一生社畜として生きていくんだろうな。と思いました。

 

会社で出世する人ってどんな人でしょうか。

 

それは、真面目な人でしょうか、それとも特別な才能がある人でしょうか。

 

僕は違うと思います。

 

全ての会社がそうだとは思いませんが会社という組織で出世していく人は、虚勢を張っている人です。

 

自らが動くわけではなく、ただ偉そうにして人に仕事を押し付けたり、特別な能力があるわけでも努力しているわけでもなく、上司の前では媚を売って部下の前では虚勢を張る、友人関係では絶対に友達になりたくないような性格の人が出世していきました。

 

僕は、こんな不合理嫌だと思いましたがこれが現実の会社なんだなと感じました。

 

でも、人間の価値って目に見ることができないから、やっぱり上司からしたら、一見優秀そうに見える人を昇格させたくなるんですよね。

 

ですから会社での出世をしようと思ってもただ真面目な人って評価されにくいんですよね。

 

ということで、こんな会社という組織が苦手な人は、自らの力で稼ぐということをオススメします。

 

組織に向いていない人が個人の力で生きていく方法

 

結論から言うと、ネットで稼いで海外移住して月5万円で暮らしましょう。ということです。

 

昔は、就職をして会社という組織に所属しないと食べることができませんでした。

 

就職せずに起業しようにもネットとかがないので、何をするにしても大金がかかるビジネスが多かったです。

 

しかし、今では誰もがネットという媒体を使って、世界中の人に向けてビジネスをすることができます。

 

ネットで50万、100万と稼ごうと思ったらめちゃめちゃ難しいし長期にわたって努力しなければいけません。

 

しかし、月5万や10万くらいなら誰でも稼ぐことができるんですよね。

 

ですから、会社という組織で理不尽な上司にこき使われる毎日をとって年収500万円をもらうのか、自分のやりたいことができて時間の自由がある年収100万円の道を選ぶのかはどちらでもいいと思います。

 

ネットで稼ぐ方法については下の記事を参考にしてください
http://netnewsinnovation.com/2018/09/17/post-273/

 

海外移住したら月5万円でも裕福に暮らせる?

 

日本に住んでいて、月5万円で暮らそうと思っても5万円なんか家賃だけで飛んで行ってしまいますよね。

 

しかし、海外だと日本の物価の3分の1以下の国もたくさんあります。

 

海外移住先としてオススメな国はマレーシアとタイです

 

マレーシア

 

マレーシアは、日本人が移住したい国ランキングで10年連続でナンバーワンの国です。

 

マレーシアに移住することのメリット

 

物価が安い

 

マレーシアはまだ経済が発展していなかった頃と比べると物価は高くなりましたが、まだ日本と比べると1/2〜1/3の物価で抑えることができます。

 

家賃も、日本の東京だと20万円以上するような高層ビルの部屋でもマレーシアだと4万円ほどで借りることができます。

 

ですので、日本人にとってマレーシアの物価の安さは、魅力の一つです

 

英語が通じる

 

アジアの国では珍しく、マレーシアは多民族国家ですのでほとんどの人に英語が通じます。

 

ですから、多少の英語力がある日本人にとって英語が通じることによって新しく他の言語を勉強する必要がなくなります。

 

治安が比較的良い

 

マレーシアは、今急激に経済発展を遂げているシンガポールと隣の国で、アジアの中でもかなり治安がよく、日本と遜色ないような犯罪率の低さです。

 

この治安が良いというのは、海外に慣れていない日本人にとってマレーシアが選ばれている大きな要因の一つになっています。

 

タイ

 

タイはマレーシアに次いで日本人が移籍したい国になります。

 

タイに移住することのメリット

 

物価が安い

 

タイの物価も日本人の1/2〜1/3とかなり安くなっています。

 

しかし、物によっては日本と同じかそれ以上の物価のものもありますが生活必需品は日本よりも格安で手に入れることができます。

 

食が美味しい

 

マレーシアとタイの一番の違いは食にあると思います。

 

タイの食事は日本人の下にあったものが多いため日本人にとって食の面ではタイ一択になります。

 

タイに移住することについては下の動画が参考になります。

 

 

-LIFE, 節約

Copyright© Gyatsublo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.