LIFE

【実体験あり】仕事がつらい時のストレスを消す方法3選!

はてな

  • 仕事がつらくて辞めたいけど辞められない
  • 毎日ストレスを感じている。

こういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 仕事がつらいは人間関係が原因です。
  • 仕事がつらい時のストレスを消す方法3選
  • まとめ:職場のストレスはコップの中の嵐です。

 

本記事の信頼性

このブログを書いている僕は、これまで3年間とてもブラックな職場で働いてきました。

残業代の未払い、パワハラは当たり前で人間関係も最悪な環境でした。

しかし、親からの仕送りがない僕にとっては、そんな劣悪な環境でも働くしかない状況でした。

その経験から僕が実践した仕事のストレスを消す方法を3つご紹介します。

 

仕事がつらいは人間関係が原因です。

働いていると、

  • 仕事が嫌になる時
  • 出社したくなくなる時
  • 胃が痛くなる時

こういったことって割と起こると思います。

 

僕自身、物流会社のブラック企業で働いていた時は、

  • 毎日のように胃が痛くなる
  • 電車に乗るのがつらい

こういった現象が起きていました。

 

では、どうして仕事にいきたくなるのでしょうか。

おそらくそれは、

仕事自体が嫌いというよりも仕事で生じる人間関係の軋轢が嫌だ

ということではないでしょうか。

 

少しだけ、僕の昔話をさせてください。

僕は、大学1年の終わり頃に、某物流会社で初めてアルバイトをしました。

最初の頃は、仕事を初めて経験するので新鮮味があり、人間関係も良好でとても楽しかったです。

ギャッツ
あっ、自分ってこんなに仕事が好きなんだなぁ

と、バイトながらに仕事に対してやりがいをすごく感じていました。

 

しかし、ある時から、その職場の上司が変わって状況が一変しました。

その上司は、僕に対してだけ当たりがめちゃくちゃ強いんです。

 

他の社員がミスをしても、全く怒らないのに、

僕の場合、僕のミスではないのにも関わらず叱られるなんてこともしょっちゅうありました。

 

その後、仕事がすごく嫌いになってしまったんです。

ここで言いたいのは、上司の愚痴ではなく仕事が嫌になる原因は

仕事自体ではなく人間関係である

ということです。

 

僕の場合、物流の仕事が嫌いになったのではなく、その上司との関わりが嫌になってしまったわけです。

つまり、仕事のストレスは全て人間関係でできるストレスなわけです。

 

では、ここからは、僕が実践して効果的だった仕事での人間関係のストレスを消す方法を3つご紹介します。

 

仕事がつらい時のストレスを消す方法3選

  • 嫌な人とは極力関わらない
  • 他に収入源を持つ
  • 思い切って転職する

上記の通り。

一つずつ紹介していきます。

 

苦手な人とは極力関わらない

僕は、これまで仕事で関わらなければいけない合わない人に対して、

  • 自分の気持ちを伝えてみる
  • 上司に相談する

こういったいろんなことを試してきました。

でも、正直どれも効果的ではありませんでした。

 

では、なぜこのようなことが効果的ではなかったのかというと、

それは、相手を変えようとしてしまっていたからです。

 

自分が苦手な人に対して、

相手を変えて、人間関係の軋轢を避けようとしていました。

しかし、それはできません。

ギャッツ
だって相手は、40年、50年間その性格で生きてきてるわけですから、僕の一言で性格は変わりません。

 

例え、相手に非があって自分の意思を伝えても、聞く耳を持ってくれない人はいるわけです。

ですから、変えるのは相手ではなくて自分です。

 

相手の考えを変えることはできないですが、自分の行動は変えることができます。

そのため、自分がこの人と合わないなと思ったら速攻離れる。

これが一番良いと思います。

 

他に収入源を持つ

仕事のストレスを消す方法の2つ目は他に収入源を持つということです。

日本で仕事関係で自殺者まで出る原因ってなんなのかと考えたら、

それは、お金のために辞めたくても辞められないことが多いからだと思います。

ギャッツ
僕自身、まさにこれでした。

 

僕は、大学2年の時に親からの仕送りがなくなり、自分で収入を得て暮らさなければいけない状況になりました。

大学の講義以外の時間のほとんどをバイトに当てていました。

僕が働いていた物流会社は時給が非常に高かったので、そのおかげでバイトと学業を両立することができていました。

ですから、その仕事を辞めてしまうと収入がなくなる状態だったので嫌でも仕事を辞めることができませんでした。

 

そんな状況の中で、まさにブラックな職場で働いていたわけです。

正直、死のうと思ったことはないですが、死にたいとは毎日のように思っていました。

そんな僕のメンタルを回復させてくれたものがこのブログです。

 

僕は、どうにかしてバイトを辞めるために、他に収入を得る方法を調べるとブログが稼げることを知りました。

そして、ブログを仕事を辞めたいがためだけにやり始めて、ひっそりと職場近くのカフェで記事を書いていました。

 

そうすると、仕事のストレスが嘘のように減ったんです。

当時は、まだブログで全く稼げていなかったのですが、

バイト以外に稼ぐ方法があり、それを実践しているというだけで仕事に対する負の感情がすごく小さくなっていきました。

 

ですから、もし稼げなかったとしても、今の仕事がつらいと感じている人は、今すぐ副業を始めることをおすすめします。

いつでも、辞めたいときに辞められるということを知っているだけでも

仕事での人間関係のつらさが軽減されます。

 

思い切って転職する

仕事でストレスを抱えているなら思い切って転職するのもありですね。

転職に関して、いまだに良い印象を持っていない人が多いですが

今や転職することは当たり前の時代になってきています。

転職率(%)
2014 4.6
2015 4.7
2016 4.8
2017 4.8
2018 4.9

参考:総務省統計局「労働力調査」(平成31年2月付)

上記の通り、転職率は年々増加しています。

おおよそ20人に1人は毎年転職している計算になります。

それくらい今の仕事に納得していない人が多いことがわかります。

 

また、転職することで

  • 年収
  • キャリア
  • 人間関係
  • 環境
  • 価値観

全てのことを変えるきっかけにもなるのでオススメです。

学生の頃は、毎年クラスや環境がガラッと変わったのに、大人になったら30年40年同じ職場で働くことが当たり前なんておかしな話だと思います。

ですから、精神的に追い詰められる前に会社から逃げる。

これがオススメです。

 

まとめ:職場のストレスはコップの中の嵐です。

あなたは、アドラーという哲学者を知っていますか。

今や世界的な名著となった『嫌われる勇気』の主となった哲学者です。

 

僕は、この本が大好きなのですが、この本の中で一つ印象的な話があります。

それは、いじめや人間関係のしがらみはコップの中で嵐が起こっているようなものだということです。

 

クラスや職場などでの小さな共同体(コップ)では、嵐が起こっているようにつらい環境だとしても

その共同体から一歩外に出ると、あなたをいじめてくる人なんて一人もいないということです。

  • コンビニの店員さんがあなたをいじめてきますか。
  • 電車の中で隣に座っているサラリーマンに怒られたことはありますか。

おそらくないと思います。

 

ですから、職場の小さな共同体の中でストレスを感じるくらいならさっさと辞めて、そのコップから抜け出してしまいましょう。

 

皆さんのワークライフが心地よいものになることを心から願っています。

今回は以上になります。

ありがとうございました。

-LIFE

Copyright© Gyatsublo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.