就職

【22卒向け】 日本製鉄の就職難易度は? 年収は? 口コミや評判は? 

はてな

  • 日本製鉄への就職は難しい?
  • 日本製鉄の口コミは?評判は?

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 日本製鉄ってどんな会社?
  • 日本製鉄の業績は悪化している!?
  • 日本製鉄の年収は?
  • 日本製鉄の就職難易度は高い?
  • 日本製鉄の採用人数
  • 日本製鉄の出身大学TOP10
  • 日本製鉄の選考過程
  • 日本製鉄の口コミ・評判
  • 【まとめ】高待遇を求めるなら日本製鉄は非常にオススメ!

 

本記事の信頼性

このブログを書いている僕は現在大学4年の理系大学生です。

僕自身、日本製鉄への就職を考えていたため、数々の説明会に参加したり、ネットで調べたりして、企業研究を徹底してきました。

この経験をもとに日本製鉄の就職難易度や年収について記事にしました。

 

日本製鉄ってどんな会社?

商号 日本製鉄株式会社
(読み仮名:にっぽんせいてつ)
英文名:NIPPON STEEL CORPORATION
本社 東京都 千代田区 丸の内 2-6-1
代表者 代表取締役社長  橋本 英二
事業内容 製鉄事業
従業員数(連結) 106,599名(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
上場証券取引所 東京、名古屋、福岡、札幌

参考:日本製鉄HP

上記の通り。

 

日本製鉄は、その名の通り、製鉄業を主体とした事業を展開しています。

具体的な事業内容としては、

  • 製鉄事業
  • エンジニアリング事業
  • ケミカル・マテリアル事業
  • システムソリューション事業

上記の4つになります。

 

日本製鉄という会社は、製鉄事業はもちろんのこと、ITやインフラ事業のような多種多様な事業に取り組んでいるようです。

 

日本製鉄の業績は悪化している!?

日本製鉄に限らず、現在の日本の鉄鋼業の見通しは暗いことが予想されます。

その最大の理由は、中国の安価な鉄の輸入です。

 

鉄鋼業は、精密機器や電気機器と比べると、質よりも量や安さを求められます。

そのため、中国の安価な労働力で作られた鉄と日本の高い人件費で作られた鉄だとどうしても中国産の鉄の方がニーズが大きいことが多いです。

 

上記のグラフを見ていただけるとわかると思いますが、日本製鉄の業績はここ1年で大幅に減少しています。

そのため、昔と比べると日本製鉄(新日鉄住金)は、安定な会社ではなくなっていることは確かです。

ギャッツ
それでも、優良企業であることに変わりはないんですけどね。

 

日本製鉄の年収は?

次は就活生の気になるところである日本製鉄の年収についてです。

平均年齢 平均年収
37.2歳 1025万円

参考:四季報

上記の通りです。

 

日本製鉄は、平均で年収1000万円越えという非常に高待遇な企業になります。

この年収1000万円というのは、あくまでも総合職採用の数字で現場職や一般職であるともう少し水準は下がります。

ですから、ネット上にある日本製鉄の平均年収は600万円程度と記されていることが多いです。

 

ただ、日本製鉄の大卒採用は、基本的に総合職採用となりますので、大卒(院卒)の方は、表の年収をイメージしていただけると大丈夫です。

 

日本製鉄の就職難易度は高い?

就職偏差値

[66] ドコモ(中央) 日本製鉄 INPEX TV局 武田薬品

[65] JR東 サントリー 味の素 アサヒ キリン 東ガス 昭和シェル 旭硝子 ANA(技術) 日揮 三菱重工 第一三共 キーエンス トヨタ

[64] JR西 日清製粉 三菱化学 東燃 信越化学 日産 JFE アステラス エーザイ 任天堂

[63] JT 電源開発 日清食品 大ガス 中電 出光 住友鉱山 住友電工 JX金属 コマツ 日立(非SE) KDDI 東レ 住友化学 千代田化工 キヤノン ホンダ JAL(技術) 川崎重工 富士フイルム

[62] ニコン 資生堂 ユニチャーム 東邦ガス 地方電力 関電 豊田自動織機 ファナック 花王 SCE HP 日本IBM(SE) NTTデータ ソニー 三井化学 旭化成 ゼロックス IHI 明治 三菱マテリアル 三菱電機 デンソー

[61] 昭和電工 板硝子 東洋エンジ NTTコミュ 大手ゼネコン 帝人 JSR 東京エレクトロン ヤフー サッポロ 王子製紙 古河電工 三井金属 神戸製鋼 NRI 日東電工

[60] NTT東西 HOYA ダイキン 日本製紙 コニカミノルタ 富士通(非SE) 住友重機械 カシオ DIC 大日本スクリーン 宇部興産 積水化学 マツダ 森永製菓 ソニーモバコミュ クラレ 大陽日酸 リコー パナソニック

--- 旧帝大・早慶、勝ち  ---

日本製鉄の就職難易度

上記の通り、日本製鉄の就職難易度はとても難しいと言った結果となりました。

就職偏差値を見るとわかりますように、ドコモやテレビ局と並んで非常に人気の企業であることがわかります。

 

この理由としては、

  • 安定であること
  • 高待遇であること
  • 鉄鋼業国内シェアNO.1であること

上記のようなことが挙げられます。

ギャッツ
やはり、就活生は高待遇や安定を求める人が多いようですね。

 

就職偏差値が高い企業からの内定には、ES添削が必須です。

誰もが知るような大企業・優良企業となると、優秀な人がこぞってエントリーするので、就活生の学歴やスキルに差がつきにくくなってしまっています

その中で、何で他の就活生と差別化を図るかというとESや企業研究です。

 

人事の方は、ESを人目見ただけで、しっかりと洗練されているESか、コピペのようなESかがわかるようです。

ですから、面接で差別化できない就活生にとって、ESとは自分を人事の人にアピールできる唯一のチャンスなわけです。

 

そのESの完成度を高くするために活用すべきなのが就職エージェントと逆求人サイトです。

ギャッツ
もちろん無料で利用できます。

ただ、就職エージェントと逆求人サイトは、数多くあるため、どれを選べば良いかわからないかと思います。

そこで、僕自身が使ってみて非常によかったなと思う4つに絞ってご紹介します。

 

ギャッツ
逆求人サイトは登録するだけで勝手に企業からオファーが来るので、上記全てに登録しておくことをおすすめします。

 

就活エージェントでは、主にESの添削や早期内定のために活用することがおすすめです。

就活エージェントのサポート

  • 就職相談
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • ES・志望理由書の添削
  • 面接のセッティング

 

逆求人サイトでは、企業からの自分のESの評価を確認することでき、また早期内定も獲得できます。

 

このような、就活エージェントや逆求人サイトを利用することによって、より完成度の高いESに仕上げることができるわけです。

また、企業側も多くの就活生を確保することができるため、お互いにとってwin-winなサービスになります。

 

日本製鉄の採用人数

2018 2019 2020
文系 86 81 91
理系 229 196 204
合計 315 277 295

参考:就職四季報2021

 

上記の通りです。

鉄鋼業ということもあって、理系の採用人数の方が多いことがわかります

また、理系のほとんどの学生は、修士卒で採用されています。

そのため、学部卒で日本製鉄の技術職に就くことは非常に難しいようです。

 

日本製鉄の出身大学TOP10

順位 大学名 採用実績(過去29カ年)
1 早稲田 411
2
東大 405
3 慶應 370
4 京大 316
5
阪大 238
6
九大 213
7 東工大 212
8 名古屋大 151
9
東北大 144
10 一橋 135

参考:subarn.com

 

上記の通り。

日本製鉄の採用大学トップ10は旧帝大・一工・早慶しかありませんでした。

 

ですから、日本製鉄の技術職で内定を得るためには、

旧帝大の院卒以上

これが、必要条件となってきそうです。

 

もちろん、MARCH・関関同立からでも就職ができない訳では、ありませんがスキルや資格で差別化できることが条件になってくるかと思われます。

 

採用のイメージとしては、

旧帝大・早慶:それ以外=8:2

くらいの割合になります。

ギャッツ
データからもわかるように日本製鉄は、非常に学歴重視な会社になります。

 

日本製鉄の選考過程

次に日本製鉄の選考過程についてです。

選考過程

  1. 説明会・セミナー
  2. 面接(複数回)
  3. 最終面接

上記の通り。

 

  • 理系の場合、面接はおおよそ3回程度
  • 文系の場合、面接はおおよそ9回程度

となります。

ただ、年度によっても選考過程が異なりますので注意しましょう。

 

主に面接で聞かれる内容としては、

  • 研究内容
  • 研究テーマを選択した理由
  • 自信の長所・短所
  • 人生で一番頑張ったこと
  • あなたは、周りの人からどのような人だと言われますか

上記のような一般的なことが聞かれることが多いようです。

 

ですから、これを聞かれたらこう答えるといったように自分なりの回答を前もって用意しておくということがオススメです。

 

日本製鉄の口コミ・評判

良い口コミ・評判

鉄鋼業という経済界においてと、主要産業に携わることができているという自負のもとで仕事ができる。
研修はとても多く、勉強させてもらえる機会はだいぶ多い。
フレックス勤務もしやすく、そして有給も取りやすい。働きやすい環境であると思う。
カレンダー通りの休みはあり、普通に仕事をする分には十分なワークライフバランスが確保できる。

goodポイント

  • 仕事にやりがいがある。
  • 休みはしっかりとれる。
  • 福利厚生が充実している。

 

いまいちな口コミ・評判

中国鉄鋼業の成長は著しく、同社だけでは、また日本鉄鋼業全体の力を合わせても合理的な解決策は打ち出しづらい状況。
賞与はほぼ業績(経常利益)連動であり、業績悪化時の年収への影響は極めて高い。
管理職は仕事をスタッフ層に振ることが仕事と考えていることが多く、ほとんど動かない。
給与は残業代で稼ぐスタイルになっているが、業務時の様々なストレスを考えると非常にコストパフォーマンスが悪いと考える。

 

badポイント

  • 中国鉄鋼業の成長により業績が悪化し始めている。
  • 業績により給与が変動する。
  • 若いうちに結果を出しても給与に反映されない。
  • 残業が多い。
  • 考えが古い人が多い。

 

【まとめ】高待遇を求めるなら日本製鉄は非常にオススメ!

私はこれまでに様々な企業を研究してきましたが、日本製鉄以上に賛否両論の意見がある会社はないと思いました。

 

ですから、日本製鉄という会社は、

  • 合う人には非常にオススメ
  • 合わない人には全くオススメできない

こういった会社であります。

 

例えば、平均年収1000万以上の会社で福利厚生が整っている会社に入りたいという人にとっては、日本製鉄は非常にオススメです。

逆に、自分らしく働けて、将来性があるビジネスを若い時から挑戦したいという人にとっては、日本製鉄は合わないと思います。

 

やはり、日本製鉄という会社は良くも悪くも年功序列の会社であるということです。

ですから、安定といった面では良いですが、自分の成果が評価に反映されにくいといった側面もあります。

 

こういったように、自分が企業に求める条件とその企業がマッチしているかどうかということが企業研究において非常に重要になってきます。

 

 

皆さんの就活がうまくいくことを陰ながら応援しています。

今回は以上になります。

ありがとうございました。

-就職

Copyright© Gyatsublo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.